HOME > サポート > よくあるご質問

よくあるご質問

シーラー

Q:もっと幅広のヒーターに換えられないでしょうか?
変えられません。機種ごとに熱容量を設計しています。
Q:見た目の綺麗なシールをしたいのですが、コツを教えて下さい。
素材に合った適切な加熱時間、適切な冷却時間を設定して下さい。また、シール面を常にきれいにしておくことが大切です。
Q:インパルス方式とはどんな方式ですか?
リボン状ヒーターに瞬間的に大電流を流して、熱溶着可能な状態にまで発熱させ、対象物を熱溶着する方式です。予熱がいらず、コンセントに差し込んですぐ使用できます。
Q:接着温度は変えられますか?
NL-303DHのみ温度調整機能付きです。その他はインパルス方式のため温度調整が出来ません。
Q:消耗部品にどんなものがありますか?
ヒーター、フッ素樹脂絶縁シート(ヒーター上部)、フッ素樹脂絶縁粘着テープ(ヒーター下部)があります。
Q:主にどんな材質の袋がシールできますか?
PVC(塩化ビニル)、PE(ポリエチレン)、PP(ポリプロピレン)、OPP(ポリオレフィン)など。ただし厚さに制限があります。
Q:アルミラミネート袋はシール出来ますか?
アルミラミネート対応機を発売しました。スタンド式ヒートシーラーNL-303DHが出来ます。他の機種はご相談下さい。

プラジェット

Q:異電圧仕様で110Vや220Vは製作出来ますか?
110Vや220V仕様は準標準品(PJ-210AとPJ-218Aを除く)としてのご用意があります。その他の電圧についてはご相談下さい。PJ-230は200V、220V、230Vのみです。
Q:温度調節の方式は何ですか?
PJ-214Aは、位相制御方式。PJ-218Aは、位相制御+比例制御方式。その他の機種は、単機能となります。
Q:消耗部品の交換は自分でできますか?
可能です。ヒーター、マイカなど。交換方法の記述があります。ご参照下さい。
Q:塩ビ溶接に使用するのに適したモデルはどれですか?
PJ-203A、PJ-215Aになります。
Q:主にどのような用途に使用されていますか?
高温の熱風を使用して、乾燥・溶解・過熱・熱収縮チューブ、シュリンク包装などの作業に使用されています。
Q:プラジェットを連続運転で使用したいのですが。
可能です。ただし、無人運転は出来ません。固定運転時は離れないようにお願いします。また、ご使用条件により運転時間が短くなる場合があります(PJ-M10を除く)。

はんだこて

Q:こて先の寿命を教えて下さい。
使用する環境やワークにより著しい差があります。消耗品としてお考え下さい。
Q:温調の出来るはんだこてはありますか?
ありません。当社の400Wまでのこてでしたら、別売りのSPC-401を使用しコントロールします。
Q:はんだ槽は鉛フリー対応でしょうか?
HP-411Sが対応しています。(※販売終了)
Q:鉛フリーはんだを使用するとき、こて先は普通のもので大丈夫ですか?
使用できますが、従来の共晶はんだと比べるとこてさきは3~7倍早く減ります。鉄メッキ仕様などの対応こて先を使用して下さい。
Q:鉛フリーはんだを使用した時、こて先が黒くなりはんだがうまく乗りません。
こて先が酸化したためです。はんだ作業後は必ず、はんだをこて先に付けてから収納して下さい。
Q:鉛フリーはんだの手はんだ付け作業時の異なる点、注意点は?
こてさきの温度管理ができる機器を使用し、濡れ性(はんだのノリ)が悪いため迅速な作業が必要です。
Q:鉛フリーはんだと従来の鉛入りはんだとの違いはどこですか?
鉛フリーはんだは錫、鉛系のはんだから、鉛を取り除き、錫に微量な銀や銅を混ぜた物で、融点は217℃(当社3AG)で従来の共晶はんだより約40℃程高くなっています。
Q:鉛フリーはんだには、どんな種類があるのですか?また、どれを選べばよいですか?
大きく分け①Sn-Ag系②Sn-Zn系③Sn-Bi系等があります。①②は、クリームはんだなどのリフロー用。③は、はんだ槽などのフロー用に向いています。手はんだ付けには、①の中のSn-3Ag-0.5Cuが適しています。
Q:板金用はんだこてのヒーター寿命時間はどの位ですか?
SS、SHシリーズで約200時間です(連続通電)。
Q:焼印にはどれがいいでしょうか?
焼印の大きさ、対象物によって異なります。印影サイズ・目的を明記のうえお問合せ下さい。